スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

どんな未来だって僕らなら乗り越えられると信じてた。

変わりたくなくて
でも
変わりたくて
変わっていく世界に
変わっていく人に
少しの寂しさと
少しの羨ましさを残して
それでもまだ僕らは一緒に未来を越えられると思ってた
でもそれは僕だけで
僕のワガママなわけで
そんなことはありはしないんだと
突きつけられた
ナイフを喉笛に突きつけられるように
冷ややかに
現実味を帯びないままに

変わっていくことに
諦めなきゃいけないと告げる僕がいる
変わっていくことに
大丈夫だよと宥める僕がいる
変わっていくことに
諦めたいわけじゃない
しょうがないんだって
割り切りたいわけじゃない
ただ
少し哀しくて
少し寂しくて
少し腹立たしくて

変わっているのに本人は気づかなくて
変わっていくことを眺めることしか出来ない僕は
とても無力で
とても浅はかで
そんな自分に
嫌気がさすほど
嗤いを堪えて
しょうがないね、と漏らすしかなかった
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ブーツGETだぜ☆ | 深海飯店 | 学生のみバトン。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 深海飯店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。