スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

先生が言うには。

長崎の伊藤一長さんの事件について。

左室が破裂したということは、肺の機能が停止する(正確にはもうちょいややこしいので分かりやすく色々省略)

ということで、心肺停止状態になり。

ほぼ即死だったらしい。

肺の機能が~とかいうのは、左室にある血液(静脈とか動脈)の流れ的に。

ってか、左室が破裂した時点で大量失血は免れないわけで。

先生の話で覚えてるのは、大体こんなとこ。

何処が損傷したかだけでこれだけ分かるのは凄いね。
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ゴールデンウィーク。 | 深海飯店 | 油揚げ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 深海飯店 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。